自動車保険には、読者の皆様もご存知だとは思うのですが等級という略称で呼ばれる数字が存在するのです。より正確にはノンフリート等級別料率制度と呼称され、保険の掛金にかなり甚大に影響しています。等級は、自動車保険を利用している人のフェアな料金設定を可能な限り保つことを主眼としているため、自動車事故を起こしてしまう可能性、自動車損害保険を使用する確率が高ければ大きいと認められるほど保険料が値上げされます。逆にアクシデントを起こしてしまう確率があまりなく自動車保険を使う確率は低いだろうと考えられる方は優良運転者だろうと判断され月額の掛金が低額になります。安全に自動車をりようする利用者の方がそうでない人より有利な制度となっており事故を引き起こしやすい保険利用者には多少不都合な仕組みだと考えられるでしょう。等級という仕組みは、良い加入者と事故の見込みがより大きい運転手の保険料金が同じ金額だとアンフェアに思う客が大多数なので、サービス提供側サイドからしても支払い損を減らすために必須の仕組みだといえるでしょう。それでは、等級というものは詳しくは一体どういった仕組みなのか端的に明らかにしようと思います。初めに等級の数には1等級に始まり20等級まで設けられ等級が大きくなるごとに保険の料金が値下げされる仕組みになっていることを押えましょう。次に1等級より3等級については低廉にならず逆に値段が上がり、自動車事故を起こし、自動車損害保険を適用してしまうと3等級引き下げられ一層負担が大きくなった自動車の損害保険を払うことになるという仕組みになっています。そしてまったく新しく自動車の損害保険に申請するのであれば6等級という級からの始まりになり、そこから数が下がっていくのか上がっていくのかは運転者の手にかかっています。そのようなわけで月々の掛金を安く抑えたい方は、アクシデントを引き起こさないように日々安全な運転に努めるのがまずは最も効率的です。